活動・想い

自由が丘イベントコラボレーション

Event Collaboration

 
イベント運営を学べる大学は、おそらく珍しくはありません。しかし、来場者数が50万人というメガイベントを一手に任され、企画立案から開催までの全てを実践する授業がある大学は、きっと無いはずです。この『自由が丘イベントコラボレーション』を受講する学生に与えられるミッションは、毎年10月に2日間開催される「自由が丘女神まつり」の運営を通じて、自由が丘の魅力をプロモーションすること。主催者である自由が丘振興組合や協賛企業各社と協議を重ね、ビッグビジネスを成功へと導く仕掛け人となります。そのプロセスで身につくスキルは、企画力、交渉力、管理能力、行動力、協働力など、挙げればキリがありません。地域のブランド化や多世代間コミュニケーション促進のケーススタディにもなります。学生時代に自分を大きく成長させる、滅多にないチャンスです。(産業能率大学公式ウェブサイトより)

制作:株式会社DILEN 代表取締役 伊東ルークさん

「先が見えない状況で、
     私たちにできることは何か。」
自由が丘イベントコラボレーションは、
イベントの企画・運営を学生が全て担うことが最大の特徴である。

しかし、新型コロナウイルスの影響で「自由が丘女神まつり」は中止に・・・。
大きな目的を失ってしまった我々は、常にこう考え続けてきた。

今まで、先輩や地域の方々が積み上げてきたものを、失ってはならない。
ある人は自由が丘の町会と連携したり、ある人はSNSで自由が丘の発信を行ったり。
それぞれの思いを胸に、自由が丘のためにできることを提案し実行してきた。
いつの日か、
また「自由が丘女神まつり」が開催できることを願って。
代わり映えのない日常に刺激を与える。
自由が丘イベントコラボレーションで、

自分らしい人生を謳歌しよう。

私たちの思い

 

 活動報告 

Activity

Xmas event

2021年12月18日、19日。自由が丘の3つの商店会が共同で行う、クリスマスイベントが開催された。女神まつりほど規模は大きくないものの、学生にとっても、大人の方々にとっても久しぶりのイベントだ。実際にどのようなことを行っていたのか、詳しく見ていこう。

※イベントに参加した学生は届け出を行い、大学から許可を得て活動しております。
※イベント当日は各地に消毒液を設置し、コロナウイルス感染拡大防止を徹底して実施いたしました。

繰り返される成長と挑戦

面白い企画を考えるだけならば、誰でもできる。企画に必要な費用や、当日までのスケジュールなど、詳細まで企画を詰め、協賛企業様に交渉し、実行するのが、自由が丘イベントコラボレーションだ。イベントを実際に運営することでしか分からない、経験できないことがたくさんある。彼らにとって、クリスマスイベントの企画・運営が、学生生活のターニングポイントになったことは間違いない。そして、この経験を生かし、彼らはまた成長していく。コロナウイルスに負けない学生たちの挑戦は、まだまだ続く。