Posts

ニュース&コラム

― NEWS & Column ―

  • 辻口博啓

クレープを作るとしたら


クレープの食感は厚みによって変化する。

もちろん仕込んでから寝かせる時間も大切になってくる。


そこからフライパンで焼き上げるわけだが、

まず温度の調節が大切で濡れ布巾で熱くなるのを一度冷ます動作も必要になってくる。


熱すぎるフライパンでは、焼き色が強くなりすぎて食感と見た目があまりよくない。

もちろん火は弱火ではあるものの、仕込んだクレープ生地をあつあつのフライパンに注ぎ込むと均一に広がらないこともあるからだ。


だからこそ、ぬれ布巾でクレープ生地を注ぐ前にフライパンの温度を下げるとよいだろう。

その後のアドリブ はいかようにもできる。


グラニュー糖をふりかけ、バナナやタブレットショコラをのせて包むもよし。

カスタードクリームに様々なフルーツをのせてあつあつで食べるもよいだろう。

キャラメルサレのソースを使ってオレンジと合わせても美味である。

クレープは色々な楽しみ方がある。

それを探し出す工夫こそクレープの醍醐味かもしれない。